出席番号

新学期が始まり学生が学年繰り上がって新しいクラスの悲喜こもごもとかをtwitterなどで見てると出席番号と言う名の”姓のあいうえお順”という、”背の順”の次に合理的なしきたりで一喜一憂してるグループがが存在するのがわかる。

自分の姓は”イトウ”

出席番号界で常にポールポジションを狙えるプリンスです。5番より後になった記憶がありません。

ライバルは”アベ”、”アイダ”、”イダ”とかでしょうか?

今でこそ厚顔無恥ですが、小学校、中学校、高校などは引っ込み思案で女子には挨拶もできないようなシャイな男子でしたので、クラス替えがあってポールポジション取ったときは地獄の

”自己紹介”

という名の自己の現在進行形事故紹介(シドロモドロ編)

なぜか、新しいクラスに集まって案の定出席番号順に座らされ(黒板に向かって一番右のまえ、先生が入ってくる時に匂いまでわかるような所)先生の自己紹介とこれからの抱負をふんふんしながら聞いてると、いつも前触れもなく「では、自己紹介をお願いします」と先生がこちらを向いて言ってくる。

何度ヤラれても、いつも不意打ち

いつもシドロモドロなので、第一印象絶対悪いに決定。全員が終わるまで脳内ではポーッとした顔をうつむきながら後悔とうまくこなせなかった自責の念で過ぎ去って行くという繰り返しの学生生活でした。

”ワタナベ”や”ヤマモト”、”ヤマダ”には一生わからないことでしょう

音楽の歌のテストや笛のテストも鬼門です。

息子や娘にも少し聞いてみましたがやはり現在も出席番号は有効だそうです。

”伊藤”の星の下に生まれて来て申し訳ありませんがこればっかりはしょうがないです

通った道なのでアドバイスぐらいはしてやるつもりです。

いっその事、今っぽく”伊藤”と書いて”スター”とか”ソラ”とか読ませることはできないのでしょうかね?

もしくは総字画数とかローマ字にした時のアルファベット順とかね