一年経過

今日で入院して一年。禁煙して一年。

去年の今頃仕事場で切腹級の激痛で病院に行って即入院。

1週間ぐらい前に原因がわかっていて病院到着後の手続きはスムーズに行ったけど

後一週間で手術前の検査を通って済ませて、その後手術して1周間の入院の予定だったのが、痛みの緩和も含め入院しながらの検査、絶食で結局2週間の入院生活になってしまう。

その前から絶食していて70キロぐらいの体重が65キロぐらいになって入院、一番痩せた時で62キロになってしまって食事を取っていないせいか油っけもなく。本当におじいちゃんみたいになっていた。奇しくも一年前に死ぬ前の父親そっくりだったのはとても皮肉な感じ。

いままで、自営業なのでいままでどんなに体調が悪くてもこの25年間体調を理由に一度も急に休んだことは無い。しかも責任者の立場だし、痛みが緩和された後はそのことで頭がいっぱいになった。

幸い、今の時代は、iPhoneでネット メールなどを使ってそれなりに連絡ができるのである程度は入院しながら済ませることができたのでイイ時代だなとは思う。

こういう時は気兼ねなく入院できるような会社員とかそういうような立場なら良いのになあと思うけど、それはそれでよその芝生は青いように見えるだけかもしれないけど。

誰かのブログでおおよそ、人間の健康でいられる保証期間は50年じゃないかと云っていたのは、身を持ってわかる感じがする。あとはだましだましゆっくり死を迎える

ざっと20歳から50歳まで、保証期間中の人間の稼働期間は30年ある。

死生観というと大げさに違いないけど、あの2週間はとても切なくて、重要な時間だったような気がする。

つうことで、転んでもただで起きない感じの出来事でした