Canon G7X

ジレンマですけどG7Xの写真を取るのにSX700HSのほこりが掛かった写真を取る。

S_IMG_0004

ちなみにこの47年間カメラに関して(構造とか知識とか)全く関心がない男という前提での以下の話です

前のニコンのCOOLPIXが家族の何者かが知らずに(本人含む)割ってしまって使えなくなってとりあえず家族用の望遠が効くコンデジ買ってこれを機会に一眼デビュー(なんとなく格好良い気がしたので)でもしてみようかと思っていたので、色々な人に情報収集していたのでした。

カメラ好きにはレンズ沼というのがあってなんとなくそれには絶対にハマってはいけないという恐怖心がちょっとはありました。すでに自転車沼には嵌っているので2沼は身の破滅に

自転車仲間に聞くと二人持っていて感想聞いてみると重い・大きいので最近は全然使ってないとのこと。でその内の一人がニコンのD40というのを貸してくれた。

持って行って外出してると”俺、今カメラ撮ってる感”はとてもいいのだけど常に持ち歩くのには少々無理そうな気がする。金額、撮影品質云々より撮さなかったら意味無いのでちょい悩む。

そうすると後輩(まさo)が「canonのミラーレス一眼がいいっすよ」っていうので調べてみると、とてもコンパクトでいいのでそれにしようかなあと思って実機見に行ったら、本当にコンパクトながらレンズ交換できるTHE一眼の感じが出ていて(当社比)買うきマンマンでいたらちょっと横のオリンパスのPENというのが同じカテゴリーで置いてありまして資金供給許可者(奥さん)がこれイクナイ?というので触ってみると見た目もいいしすっかりそっちにしようかとカタログもらって帰ってきて、レンズセットはあれがいいとかこれがいいとか頭から煙り出して考えてました。

そんなときに先に買ったSX700hsの写真をFBにUPしてコメントに一眼検討中のコメントを書いたところ、カメラ神(こたn)が降臨して来てF値がどうの絞りがどうのとかなり詳しく説明してくれて、「で、おすすめは」と聞くとなんとちょっとお高めのコンデジで安い一眼買えるくらいだった。

せっかく一眼デジカメ買ってガシガシ取るつもりだったので、ちょっと気が抜けた感あったけど、一回実機みてみいというのでyodobashi見ると一眼でしかできないと思っていた背景がぼけるのが簡単にできるし店員は遠回しに「あんたみたいなドシロウトはautoで取るのが一番いいよ」と大変丁寧な口調で説明してくれて画質には満足してるし操作も簡単、尚且つレンズ沼にはハマりようもないということですっかり方向転換でこれが一番のお気に入り決定となりました。

ただ、このカテゴリの高級コンデジ部門(レンズ明るい、望遠弱い系)で他にはないかと尋ねたらリコーのGRを紹介されたがこれも遠回しに「これは歴戦の一眼勇者、レンズ沼地獄をかいくぐってきた者達がサブとして持ち歩く用途。玄人御用達。触るな素人」的なことを大変丁寧な口調で説明してくれたので、なるほどそれなら俺の今のデジカメ購入の最適な解は「Canon G7X」で決まりということになりました。

というわけで買ったわけですが

大変満足しております。久々に物を買って楽しくて色々触って撮影してます。

写真や映像に関して考えてた事あるのでそれはまた次にPostします

 

バランスの逆転

月に2回ぐらい一緒に遊びでバドミントンをやってる友人との会話で

彼は若い時からアイスホッケーをやっていて、かと言ってどこかのリーグででバリバリにやってるというわけでもなかったけど社会人の集まりの中でずっとやってきたらしい。

当初は元プロとか全国大会経験者とか大学の部活出身だとかいう強豪者ばかりで全く刃が立たず自分の実力と他の人の実力という意味ではまったくアンバランスな感じだったらしい。

しかし、社会人になるとその競技や運動に全く関わらなくなる時期が来てしまう。大抵の場合10年以上ご無沙汰になるし、そのまま一度も競技に復活することもなくお酒の席での肴になるだけのことも多い

その友人は年代における体力の衰えもあるけど、そんな人達をやり込める優越感はやはり爽快であるしコツコツやってることへの優位性は身を持って知ったとのことだった

学生時代に集中してやらなくても30過ぎてから新たに始めてもこつこつ5年10年とやっていると知らないうちに大昔に全く刃が立たなかった部活人の友人に同じ競技で勝ってしまう。

何を始めるにしても、遅いことは全くなくて昨日の自分よりうまくなったり、興味を持てたりする自分が楽しんでる感覚を大事にするべきだよなと思う

楽器はじめてもいいし外国語でもいいし年下の友人をつくってもいいし

かと言って全部できるわけではないから、今一番楽しくてやりたいことをやりで、やりたくないことはなるべくやらないようにしたい

人生とは寿命までの時間のことなので、焦る必要もないけど時間は大切になおかつ今までの事は肯定しつつやってきたい

カラオケ

昨日息子とカラオケ行って、息子自体は殆ど大ファンの”高橋優”の曲ばかり歌ってたんだけど

自分がBack Number の花束歌おうとしたら「俺も歌っていい?」と言って一緒に歌った。

歌詞の内容的に、大人の階段の下段上がり始めたかとしみじみ思う今日このごろでした。

水曜日のカンパネラ

初めてインストアライブというのに行った

ピヴォのタワレコ

10分前についたけどとても混んでて豆粒程度にしか見れなかった。

しかし曲(マリーアントワネット)「お菓子を食べればイイじゃない」、の途中で飴を配りながらモ~ゼモードで真ん中割りながら目の前まで来てくれた

 

 

写真は「ドラキュラ」

「血~吸うたろか?お前の血吸うたろうか?と歌いながら写真撮影に応じるコムアイ

桃太郎

 

千利休

今年の自転車

もう高校の同級生4人と3,4年ロードバイクで150km位を一緒に走ってるのだが、初めてシーズン終わりに納会と称して居酒屋でお酒を飲みながらご飯食べた

今回まともにサイクルコンピューターでシーズンを通して自分が何キロ走ったかわかって(1700km)みんなにも聞いて回った。一人は自分とだいたい同じでもう一人は4000km(倍以上)、んで最後の一人は7000kmだったらしい。そりゃ早いし体力もあるわなと思った。

7000kmつったら車でもヘタすると2回オイル交換しそうな距離

普段は自転車載ってるとお昼ごはん以外はほとんど会話も無いのでとても楽しい時間を過ごせた

来シーズンは自分のバイクもそろそろ異音がしたりしてコタってきたので買い替えなければいけない気がしてきた。5年~6年乗っただろうか?

あとは札幌周辺はだいぶいろいろなところにいったのでロングライドは

  • 旭川一泊往復
  • 函館片道300キロ帰りは輪行
  • 帯広

あたりやるかなと話に出てました。恐ろしい限りです

4人で行くとき用にお揃いのジャージも作る予定です。

卒業高校が一緒なので「平岸高校自転車部」のロゴが入ったジャージにしようかと思ってます。

 

2014-11-29 18.05.14

2014-11-29 18.39.162014-11-29 21.22.32

 

全然更新してなかった

WordPressに管理者権限でログインするたびにバージョンアップしてるので、なんかやってる気がしてたけどブログ自体はほぼ一年更新してなかったみたい

Facebookも気軽だからいいけど意外と自分のpostは振り返らないのです。

自ドメインで自ら構築したブログだとやっぱり自分のもので思考も文章も自分の物のような気がして愛着があるかも。たとえ誰も見てなくても

ジム通いもう少しで1年

自分のブログで確認した所12月6日でジム通いが1年になる。
若い時に一度ジム通いしてことがあったけど2,3回行っただけでフェードアウトしたはず

よく続いてるもんだと自分でも思う。

効用としては痩せるとか筋肉ついたとか風邪ひかなくなったとかよりも

断然ぐっすり眠れるようになったが一番かな

もともと寝れない方ではなかったけど眠る前の身体的な疲労感は抜群に眠れる

本当にストレスフリーな一年間を過ごしてきたような気がする。