今年の自転車

もう高校の同級生4人と3,4年ロードバイクで150km位を一緒に走ってるのだが、初めてシーズン終わりに納会と称して居酒屋でお酒を飲みながらご飯食べた

今回まともにサイクルコンピューターでシーズンを通して自分が何キロ走ったかわかって(1700km)みんなにも聞いて回った。一人は自分とだいたい同じでもう一人は4000km(倍以上)、んで最後の一人は7000kmだったらしい。そりゃ早いし体力もあるわなと思った。

7000kmつったら車でもヘタすると2回オイル交換しそうな距離

普段は自転車載ってるとお昼ごはん以外はほとんど会話も無いのでとても楽しい時間を過ごせた

来シーズンは自分のバイクもそろそろ異音がしたりしてコタってきたので買い替えなければいけない気がしてきた。5年~6年乗っただろうか?

あとは札幌周辺はだいぶいろいろなところにいったのでロングライドは

  • 旭川一泊往復
  • 函館片道300キロ帰りは輪行
  • 帯広

あたりやるかなと話に出てました。恐ろしい限りです

4人で行くとき用にお揃いのジャージも作る予定です。

卒業高校が一緒なので「平岸高校自転車部」のロゴが入ったジャージにしようかと思ってます。

 

2014-11-29 18.05.14

2014-11-29 18.39.162014-11-29 21.22.32

 

ジョインアライブを聞きにくという名の..

前回の日曜日に、事故受傷後に初めて自転車でお昼すぎから長沼まで行って80kmぐらい走ったので自分の体と自転車のコンディションの確認はまずOKだろうということで3人で長距離を行ってみました。
おりしも、ジョインアライブが岩見沢であるので、行ったこと無いしあちら方面は勾配が無いので平地巡航なら120km超でもまあそんなでもないかということで、やや強引に目標設定
早く起きて、8時前に選挙済ませて9時に真駒内公園 鮭科学館集合
ついたらすでに赤と青の綺麗なPINARELLOが2台待ってました。PARISprinceは今年、quattroは去年
うちのGIANTはもう5年…

軽くミーティングして豊平川サイクリングロード下って、エルフィン、長沼(アイスの家)に目標決定(とりあえず)。
足の毛はどのように除去するのが一番効率的か?みたいなことも雑談
まあ、長沼まではビューっと行って、イチゴのアイス食べました。おすすめ

そこで、どのように岩見沢まで行くか検討したところ夕張経由ということになり、いつぞやのハンガーノックで雪辱をリベンジすることと相成りました。
暑いといっても前回ほどではないし風が吹くと結構涼しいので前回のイメージほどは苦戦しないで夕張に到着。ここで昼ごはん13:00 前回混んでいて入れなかった、蕎麦屋吉野家でカレーそば。食べた後異様に汗が出ました。
食後コンビニで飲み物の補給夕張を上に進んで万字峠(丁未峠)を行くんですが、何の予備知識もなく登りましたが、登って辛く降りても辛い(夕張から)という嫌な峠でした。登りは腰が痛くて2回足をついてしまいました。(最近は遅くても滅多に足はつくこと無いのに心折れ折れ)

ようやく登り切って軽快にダウンヒルなんですが最初の5分は良かったもののワインディングがグネグネで体を寝かせて曲がらなきゃならない高速カーブが多くて両手でがっちり握っている手がしびれるぐらいでした。いつもならこのまま永遠に下り坂ならいいのにと思っていることが多いのに、やってみなきゃわからないものです。
振り向くと一人はいましたがもう一人が見当たらないので平地になってから小休止、前回自分の事故のこともあるので高速ダウンヒルでは余計心配です。
携帯も電波ないし。

少々待つと普通に現れて、途中でドリンクボトルが落ちて回収してきたので遅くなったとのこと。(朝里峠で自分も2回経験あり)
しばらく巡航していくとようやくコンビニがあって飲み物の補給。
初めてトイレに行きましたが朝から3Lは飲んでいるのに尿意はなくしてみたら全然出ないから、どんだけ汗かいてんだ思う次第でした。
岩見沢まであと37kmの青看板が見えます。

後2時間くらいか・・確かこの辺りで120㎞ぐらい

基本下りなので快調に岩見沢へ程なくすると野外ライブ特有の遠くからの音がうねった感じのやつが聞こえて来ました。公園に入ってどこかのステージ裏に当たるとこの広場に止めて小休止。

おぼろげにスカだということはわかりますが、おそらくケムリかオレスカバンドかなと思ってましたがボーカルでケムリかと(ケムリでした)他の二人はアイス食いたいということで何処かへ散策

自分だけ靴脱いで空見上げて仰向けでボーーっとしてました。

だいぶ疲労してるようで手や土踏まず、ふくらはぎ、太ももはちょっと変な態勢でいると釣りそうです。

二人が帰ってきたら、逆算すると札幌の日没までの時間がないからもう行かなきゃということになり、結局オレ的JoinAliveは20分少々で終了。

後でタイムスケジュール見たけど ICEと秦基博とサカナクションは見たかったなと思う次第でした。来年はちゃんと観客としていければいいかなと思ってます。

あとは帰路ですが、平地なので脂汗は出ませんが友人は全く巡航速度もオチないで行くので、何度か左右の太ももが釣りそうな感じでなんとか追随。

岩見沢と江別はどこが町の境かわかりませんがとても広くて、「何時になったら岩見沢終わるのよ」、「江別もでかすぎ」と走りながらつぶやいていました。

帰り際サイクルショップナカムラでにより、ぎりぎり真駒内公園に日没19:30ごろに到着

3人無事に事故にも合わず帰宅することができました。

峠が少なかったとはいえ最長距離170㎞いけたのは嬉しいです。

しかし長時間のサドル騎乗は前立腺とおしりにかなり負担が掛かったようで、あそこ周りがが褥瘡っぽくてちょっと厳しいです。

長距離ときは何かしら対策が必要かもしれません

2013初ロード

今日は10時に鮭科学館集合で今シーズンのロード初乗り
一応、自転車屋さんにいって点検してもらってから出発することにしました
ウェアすごく悩みましたが冬用のビブと秋用のジャケット、指切りのグローブで暑いかなと思いましたがちょうど良かったです。

雨はふらなかったけど晴れ間はほとんどなしの曇天。風はひどくないけどそこそこで、自転車こいで汗かいているうちはちょうどいいけどちょっと休憩すると寒くて縮こまる感じ

豊平川→すすきの自転車屋さん→イーアス札幌のサイクリングロード→北広島手前で274→長沼

日曜の長沼はあまり飲食店やってなくて、いわきの赤字丼は日曜休みだし、手打ち蕎麦 杜若(かきつばた)で食べて来ました。二八で幌加内産おいしゅうございました

45歳4人全て大盛りです。

写真やFBで報告と思ったんだがなぜかiPhone4Sの電池残量が5%でうんともすんともでした。

全行程90㎞でしたが、3人においてかれてばっかりで不甲斐なさ満点

家に帰ったら、寒いのにインナーは汗でベタベタでした

いつも出発する前は、これから始まる運動と徒労感で軽くブルーになるのに帰ってくると心地良い疲労感、筋肉痛、満足感でとても幸せなんですがなぜでしょう?

一人でできるスポーツだけど、やっぱり仲間に引っ張ってもらうということは良い結果になって現れるので長く続けるための意欲の積み増しに友人たちは貢献してくれてると思う。

で、これからバンドの練習に行きます。

楽しいことがずっと続く…

 

 

スプロケット

汚くなったのでシーズン前に洗おうかと

久々にスプロケットを外す道具で外して、ばらして洗浄は稼業がクリーニング屋なのでドライクリーニング用の廃棄溶剤で付け置きして要らない雑巾で拭いたらピカピカ

組み付けは、切欠きが決まっているのでギアのカセットの大きささえ順番に間違えなければ無問題

自分は案の定、部品が1つ余ったので、やり直しですが、命が関わる部位(自転車はどこもそうだけど)なのでそのままにしてたらいやーな感じで乗らなければならないので、いくらいい加減な自分でも慎重になります。

OKっぽいので、次はチェーンも洗いたいと思います

 

遠軽

母親の出身地 遠軽

甲子園に初出場で一回戦突破したらしい。

自分に田舎というか札幌以外の土地でなじみのある土地。

小さい頃は、年末年始やお盆時期にはよく行ってた。昔だから母親の兄弟は人数が多く、従兄弟だけ数えても多い時は集まると上は大人の人から乳飲み子まで20人とか集まってたいそう賑やかだった。

当時はそれが当たり前だと思っていたが、TVで大家族の話が人気があると聞いて今の子供の数では相当特殊な環境でないとああはならないんだろうなと思う。

一般的に言えば気性が荒い家系というか親族だったので、子供が20人単位で集まるようなときは走り回る、泣き出す、熱が出る、怪我する、寝るとかでほんとにカオスだった。

親は危なくないようにとか、子供同士でどうにもならない物の取り合いの仲裁ぐらいで後は酒呑んでて基本ほったらかしで自分の親の顔も他の子の親の顔も気にしないで走り回ってたような気がする。

写真の遠軽の瞰望岩の下におじさんおばさんの家があって、今でもたまに行ったりする

最近だとオホーツクサイクリングで泊まった時っだったか?

写真で写ってるのが遠軽のシンボルの瞰望岩だけど、上に上がって岩の端から下を見渡すとフェンスとか防護策とか全く無いので異様に怖い。結構高いし..

近くに瀬戸瀬温泉といういい温泉があるので道東に行ったさいは是非よってみたらどうでしょうか

がんぼう岩

輪行

輪行とは

ようするに、飛行機に乗って旅行先で自転車に乗って色々なところを駆け巡ること

友人とシーズンに入って自転車に乗るようになってもう4年か5年ぐらいになかな

最初は1人で乗ってて、すぐに高校の同期生と二人でつるんで乗るようになって、一日に100㎞以上乗るのもそんなに負担には思わなくなって、去年あたりはまさかのもう二人高校の同期生(在学中はあまり面識なかった)が追加になって4人で行くようになって(見事ビリケツだけど)1人趣味によるフェードアウトは無くなりそうな気がしてる。

最近LCC(格安航空会社)で独り身でいく分には以上に運賃やすいので、自転車を飛行場に送ってそこから自転車の旅みたいな事がとても容易になった気がするので、今後は是非試してみたい。

LCCが使用する飛行場は大体不便なとこにあるのも、自転車乗りには好都合だし。ちょっと前までは仕事辞めてから1週間ぐらいかけて本州や四国、九州などを自転車でいけたらいいなあと思ってたのが、3日休めれば、余裕で飛行場から300キロ圏内範囲を自転車で回ることが可能だから、往復の旅費と宿泊費のみで(交通費無し)OK。  あと食費か

出来れば友人と無理なら一人でも行こうかなと思ってる

 

びしょ濡れ

最近は、twitterとかfacebookとかで近況や思ったことを簡単に投稿して

ガス抜きできるので、ブログの方はとんと疎遠になってしましましたが

友人にブログを更新していないのを指摘されて、もう自転車への意欲はなくなったのか?

と揶揄されたので、投稿した次第です。

もともと、自転車ブログというわけでも無いのですが、やり始めの頃はどこまで行ったとか、何キロ走ったとか

自体が自分にとってとても興味深く、書かずにはいられなかったのですが

3年も乗っていれば、広い札幌周辺といえども同じ所の繰り返しになるわけで

同じことを書く気持ちにはなりません。

自転車に関しての目標は早くなるとか、遠くまで行くとか、行ったことがない場所に行くとか人それぞれですが

自分としては、年齢を重ねてもずっと乗っている事自体が目標なので適度なやる気と適度に誘ってくれる友人との

関係を末永く続けていくことが出来ればいいなと思っています。

 

で、

今日は、支笏湖線を途中恵庭に抜けて36号線経由で札幌方面へ向かい、気が向いたら自転車ショップに顔出したり

友人の個展を再度冷やかしに行くつもりでした

 

9時に友人と鮭科学館集合

 

 

 

ラルマナイの滝周辺

 

熊注意!

 

 

恵庭までは何事も無く調子よく行けましたが、コンビニで補給後、ポツポツと雨が降って来ました

当初はたいした降りではありませんでしたが、36号線に入ってからは雷雨状態でそこから約1時間土砂降りの中自転車漕いで帰宅しました。

いままで少しの雨に当たったことはありましたが、全身びしょ濡れで1時間乗ってたことは無いのである意味新しい経験しました。

車道左側は、小さな川になっているし路肩の路面状態が見えないので陥没しているところに急に入ってハンドル取られたりして車道は断念。

ずっと歩道で帰って来ましたが、ブレーキは効きにくいし変な音鳴はするし下りは寒いしスピード出せないし、かえって上りの方が体も温まりいいぐらいでした。

視界も悪いし雨が振る音で孤独感倍増。

変なスイッチが入り、ちょっと楽しかったです。

 

 

必死で逃げました

blog_import_4cc642a89cf6d

また、チャリねたですいません

さっきご飯食べて、愛車(チャリ)で札幌の田舎道をナイトドライブ。

自宅近くの暗ーい山道をはじめて走ったのですが

前方の暗い電灯の下に白い物影一つ・・・

キツネかなと思ってたら、ほえたので犬と判明。

こちらに向かってほえて向かってきたのですが、所詮1匹ぐらいどうってことないやと通りすぎようとしたら、横の暗闇から白い物影が数匹 急にほえまくりました。

吠えまくるだけならいいのですが、なんと追いかけてくるではないですか。

誰もいない山道、車はその道に入ってから30分ぐらいお会いしてません。

逃げないと食い殺される。・・・・・・もうパニックです。

小学生 いや幼稚園ぐらいまでさかのぼらないとならないほど、忘れかけたあの感覚が37歳の男に火をつけました。

死ぬ気でこぎました、ただひたすら薄暗い山道を。

必死です。マジです。

でも、犬の声は小さくなりません。

で、なお一層 こぐ

ふくらはぎが、つりそうになる。

ようやく犬の声が遠くになりだいぶ安心・・・

でもけっして後ろは見ませんでした。

(すいません。オチないです)

 

帰ってかみさんに話したら大爆笑

しかし今冷静に考えると案外面白かったかも。。

皆さんは最近死ぬ気で、逃げたことはありますか?